ホーム >労働保険

労働保険の加入は商工会にお任せください。



  労働保険とは、労働者災害補償保険と雇用保険をまとめた総称であり、業務や通勤上の災害による傷病等に対する補償、失業した場合の給付を行う制度です。 ・法人・個人を問わず労働者を一人でも雇っている事業主は必ず加入することが法律で義務付けられています。(パート、アルバイトも含みます。)
労災険とは
  • 業務上の事由又は通勤による労働者の負傷・疾病・障害又は死亡に対して労働者やその遺族のために必要な保険給付を行う制度です。
  • 業務上の事由又は通勤による労働者の負傷・疾病・障害又は死亡に対して支払われる、医療費は全額労災保険から支払われます。通常の保険の様に、本人負担はありません。
  • 業務上の事由又は通勤による労働者の負傷・疾病・障害により、業務に就けなかった期間の休業補償制度があります。休業、4日目から賃金基礎日額(3ヶ月間の給料平均額)の約70%程度が支給されます。
  • そこで働いていている労働者全員が保険の対象となります。 (パート・アルバイトを含めてすべての従業員が対象です。)
雇用保険とは
雇用保険被保険者の方が、定年、倒産、自己都合等ににより離職し、失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探し、1日も早く再就職していただくために支給されるものです。
基本手当の支給を受けられる日数は、離職日の年齢、被保険者期間、離職理由等により、90日~360日の間で決められます。 特に倒産・解雇等により離職された方(特定受給資格者)については一般離職者に比べ手厚い給付日数となる場合があります。<br />
・加入できる従業員の目安は、週の所定労働時間が20時間以上の方です。パートアルバイトも含めます。(労災保険は時間に関係なく、とにかく全員加入です。)

従って、原則的に週20時間以上勤務の方は労災保険・雇用保険の両方に加入しなければなりません。また、週20時間未満の方は原則的に労災保険のみの加入となります。

ホーム(トップページ)に戻る

商工会のご案内

九十九里ネットワーク